会長あいさつ

一般社団法人 沖縄県リハビリテーション専門職協会

 代表 池城正浩

 この度、関係各位の皆様のご理解と、ご協力の下、当協会は平成28年4月1日に法人格を取得いたしました。そのご報告とともに、ホームページ立ち上げに際しまして、一般社団法人沖縄県リハビリテーション専門職協会代表としてご挨拶を申し上げます。

医療が必要な高齢者や重度の要介護者、一人暮らしの高齢者など、誰もが住みなれた地域で自分らしい暮らしを続けたいと願っています。

私たち、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハビリテーション専門職は、地域で暮らす高齢者が生き生きと暮らせるように「自立支援」に協力し、体力と健康を維持できるよう「介護予防」を支えます。

理学療法士は、身体機能や運動機能の維持・向上を図るために、作業療法士は、生活行為や応用動作能力の自立に向け、言語聴覚士は聴覚やコミュニケーション、嚥下の問題を抱える方に対し、各々の専門的な立場からアドバイスを行います

私たちリハビリテーション専門職は、沖縄県で暮らす多くの高齢者の「がんじゅう」な暮らしを支援したいと考えています。

最後に、当協会はまだまだ未熟な団体ではありますが、各関係団体のご協力とご指導を賜り、沖縄県の医療・福祉・保健、そして介護予防や健康増進に寄与できるよう努力して参りたいと思います。何卒、より一層のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます

平成28年4月吉日
メニューを閉じる